不測の事態に巻き込まれないよう注意 ?

a0376003_10423620.jpg

悲惨な事件がありました。
ご冥福をお祈りいたします。



(不謹慎ながら)

その報道のなかで、
このような記事があり、
「???」となりました。


ラスベガスで銃撃

102 1742

アメリカ・ラスベガスのホテルやカジノなどが入った複合施設の近くで、1日、銃撃事件があり、~中略~

外務省が注意呼びかけ

銃撃事件を受けて、外務省は海外安全情報を出して、事件が起きたコンサート会場など現場周辺には近づかないよう呼びかけているほか、今後、アメリカへの渡航などを予定している日本人に対しても、不測の事態に巻き込まれないよう注意を呼びかけています。

具体的には、アメリカに渡航や滞在している人は、最新の情報を入手するとともに、公共交通機関や観光施設、それに、ショッピングモールなど人が多く集まる施設などを訪れる際には、周囲の状況に注意し、滞在時間を短くするなど安全確保に努めるよう求めています。




気になったのは、

「不測の事態に

  巻き込まれないように注意」

という部分。。。



どうやって???

って感じです。


「不測」なんだし、

注意しようがないよね?って・・・



「常に、不測の事態が起こる

 可能性があるということを

 認識した上で行動しましょう!」


とかなら、分かるんですけれど。



で、それに対処するには、

「合気を修練しよう!」

ってコトやなぁ~

と思いました。



稽古をやっていると、

きっと

危険察知能力


いわゆる

「勘所」「第六感」

「虫の知らせ」

みたいのが、


身につくのではないかと。。。



身につけば、

そういう不測の事態が起こる

場所や時間、人などから


離れるという行動を

無意識に選択するんではないかと

おもったりする。



東雲道場の世話役風に言えば、

「ウイルスバスターが稼働する」

って感じですかねぇ~。


[PR]
by sinonome-an | 2017-10-04 11:10 | ちょっと ひと息

心と身体を観照する


by しののめ庵