過労死白書

a0376003_10320721.jpg


過労死白書「長時間労働の是正が喫緊の課題」

106 1206

(NHK NEWSWEBより)



ことしの「過労死白書」がまとまり、

労災として認定された


過労死や

過労自殺が


昨年度191件に上り、

この15年間

高止まりの状態が続いていて、



厚生労働省は

長時間労働の是正が

喫緊の課題だと指摘しています。




「過労死等防止対策白書」

=「過労死白書」は


3年前に施行された

過労死防止法に基づき

厚生労働省が去年から始めたもので、


6日ことしの白書が公表されました。



それによりますと、

労災として認定された

過労死や過労自殺は

昨年度191件に上りました。



過労死や過労自殺による労災は

平成14年度以降の15年間で


年間169件から224件と

高止まりの状態が続いています。



また過労死や過労自殺の

主な原因の一つとされる

長時間労働について、


フルタイムで働く人の

去年1年間の総労働時間は

2024時間と、



平成5年以降1年間を除いて

2000時間を超える状態が

続いています。




また週に20時間以上の

時間外労働をした労働者は、

働く人の7.7%に上りました。


これは

同じペースで1か月間働いた場合


「過労死ライン」と呼ばれる

月80時間を超えることになります。



厚生労働省が調査したところ、

企業が正社員の

労働時間を正確に把握した場合は、


把握していないケースに比べて

1週間当たりの残業時間が

6時間余り少なくなった

ということです。


さらに残業の前に本人が申請をして

所属長が承認することなども

残業時間の減少に効果があった

ということです。



厚生労働省は

長時間労働の是正が

喫緊の課題だと指摘したうえで


「長時間労働や

ハラスメントなどにより



強いストレスを感じている人は

依然として多い。


過労死などをゼロにし、

健康で

充実して働き続けることのできる社会

を実現するため、


労働時間削減のための指導や

企業への啓発を進めたい」

としています。




厚労相「過労死ゼロに」


加藤厚生労働大臣は
閣議の後の記者会見で、

「政府として
働き方改革に取り組んでいるが、

過労死をゼロにし、
健康で
充実して働き続けることのできる社会
を実現するという


使命感を持って、
全力で取り組んでいきたい」と
述べました。

[PR]
by sinonome-an | 2017-10-12 18:00 | news (過労)

心と身体を観照する


by しののめ庵