長時間労働により 心不全

a0376003_10320721.jpg


NHK 31歳女性記者の過労死を公表

104 2131

(NHK NEWSWEBより)



NHKは、

4年前、東京の首都圏放送センターに

勤務していた当時31歳の


女性記者が心不全で死亡し、


労働基準監督署から

長時間労働による過労死と認定

されていたことを公表し、



このことをきっかけに取り組んできた

働き方改革をさらに徹底して

進めることにしています。



NHK首都圏放送センターに

勤務していた

佐戸未和記者(当時31)は、


4年前の平成25年7月、

自宅でうっ血性心不全で亡くなり、



翌年5月、

渋谷労働基準監督署から

長時間労働による


過労死と認定されました。



当時、東京都庁の担当で、

都議会議員選挙や

参議院議員選挙などの取材にあたり、


遺族の代理人によりますと、

亡くなる前の1か月間の


時間外労働時間は

およそ159時間

と認定されたということです。



NHKは、

佐戸記者の過労死をきっかけに

記者の勤務制度を抜本的に見直す

など働き方改革を進めていますが、


二度と同じようなことを起こさない

という決意を組織内で共有し、


改革の徹底を図るため、

全職員に伝え、

外部に公表することが必要だと

判断しました。




佐戸記者の両親は

「4年経った今でも

娘の過労死を現実として

受け入れることができません。


志半ばで駆け抜けて行った

未和の無念さ、

悔しさ、遺族の悲しみを



決してむだにすることなく、

再発防止に

全力を尽くしてもらいたい」

と話しています。



NHKは

「ともに公共放送を支えてきた職員

が亡くなり、


過労死の労災認定を受けたことを

重く受け止めています。



このことをきっかけに

記者の勤務制度を見直すなど

働き方改革に取り組んでおり、


職員の健康確保の徹底を

さらに進めていきます」

としています。



♯その後の記事


過労死認定

NHK記者の両親が会見

再発防止求める

1013 1818

(NHK NEWSWEBより)

4年前に

心不全で死亡し過労死と認定された

NHKの記者の両親が会見し、


「過労死の事実をNHKの中で

しっかり伝えてほしい」などと述べ、

再発防止に徹底して取り組むよう求めました。



NHKの東京の

首都圏放送センターに

勤務していた

佐戸未和記者(当時31歳)は、


4年前の平成25年7月に、

うっ血性心不全で亡くなり、


翌年、労働基準監督署から

長時間労働による過労死と

認定されました。




佐戸記者の両親が13日、

厚生労働省で記者会見し、


父親は、

「記者の勤務は不規則で、

当時は都議会議員選挙や

参議院選挙の取材で、


寝る間も惜しんで駆け回っていた。



無理を重ねてきた体に

勤務がダメージを与えたのではないか」

と述べました。


また母親は、

「娘はかけがえのない宝、

生きる希望、夢、支えでした。


未和のにおい、

体の温かさをこれからも

忘れることはありません」

と話しました。



そして父親は、

「娘は自分の過労死の事実を

NHKの中でしっかり伝え、

再発防止に役立ててほしいと

天国で望んでいると信じている」


と述べ、

NHKに対し再発防止に

徹底して取り組むよう求めました。


NHKは、

「ご両親には過労死を

防げなかったことを

心からお詫び申し上げます。


ご両親の思いを真摯(しんし)に

受け止め働き方改革に

不断の取り組みを行ってまいります」

というコメントを発表しました。



♯翌日の別の新聞社の記事

(比べると・・・)


NHK記者過労死、

両親「働き方考えて」と訴え

20171014 1023

(YOMIURI ONLINEより)



 NHK記者の

佐戸未和さん(当時31歳)が

2013年に過労死した問題で、


佐戸さんの両親が13日、

東京・霞が関で初めて記者会見を開き、



「健康と命を守る意識があれば

死なずに済んだ。


未和の過労死を忘れず、

働き方を考えてほしい」と話し

NHKに改めて再発防止を

徹底するよう訴えた。



 NHKは今月4日の

ニュース番組の中で、


佐戸さんの過労死と

労災認定の事実を伝えたが、

両親はこの日、


「私たちの思いが正確に伝わっておらず、

事実誤認もある」などと

会見を開いた理由を説明した。



 NHKが

両親側の意向で公表を控えていた

と説明した点については、


「そのような事実はない」と反論。


また、今月6日に上田良一会長が

両親宅を訪れて謝罪をしたが、


それ以前は、

「明確な謝罪の言葉がなかった」

と話した。



 両親の会見を受け、

NHKは

「過労死を防げなかったことを

心からおわびする。


ご両親の思いを真摯に受け止め、

働き方改革に不断の取り組みを行う」

とコメントした。



[PR]
by sinonome-an | 2017-10-16 18:00 | news (過労)

心と身体を観照する


by しののめ庵