自殺 違法な長時間労働で

a0376003_10320721.jpg


「新国立」工事で社員自殺 違法な長時間労働で是正勧告

929 1214

(NHK NEWSWEBより)




ことし3月、

東京オリンピック・パラリンピックの

メインスタジアムとなる

新国立競技場の


建設現場で働いていた男性が

自殺した問題で、



労働基準監督署は

違法な長時間労働をさせていた

として男性が働いていた


都内の建設会社に

是正勧告を行いました。



また、元請けの大手建設会社

大成建設の現場の事業所に対して、

労働者の健康を確保するよう

行政指導しました。




ことし3月、

新国立競技場の地盤改良工事の

下請けに入っている

都内の建設会社の


新入社員だった

23歳の男性が自殺し、


遺族は過重労働が原因だとして

労災を申請していました。



遺族の弁護士によりますと、

建築資材の品質管理などにあたっていた

男性は


自殺直前の1か月間の

時間外の労働時間が


およそ200時間に上っていたほか、

計画の見直しによる

工期の遅れを取り戻そうと



精神的に追い詰められた結果、

自殺したということです。



厚生労働省が

男性の会社を調べた結果


複数の従業員に

違法な長時間労働をさせていた

ことがわかったということで、



労働基準監督署はきのう、

この会社に対して

是正勧告を行いました。



また、この会社のほかに

新国立競技場の建設に携わる

761の事業所を調査した結果、


80の事業所でも

違法な長時間労働などの違反が

見つかったということです。




労働基準監督署は、

新国立競技場建設の

元請けとなっている大成建設の

現場事業所に対して、


現場の入退場の記録を下請けに提供し

下請けが労働時間を適正に把握して

労働者の健康を確保するよう



行政指導にあたる

「指導票」と呼ばれる文書を

交付しました。



また、大成建設に対しては

現場での建設に関わる社員の

賃金規定などを届け出ていなかった


として、労働基準法違反で

是正勧告を行いました。




是正勧告受けた企業は


是正勧告を受けた建設会社は

「真摯(しんし)に受け止め、


こうしたことが2度と起こらないよう

対策を講じていきます」

とコメントしています。



また、大成建設は

「是正勧告等の内容を真摯に受け止め、

すみやかに再発防止策を含めた

是正措置を講じてまいります。


また、元請として専門工事業者に対し、

今後も労働法令を含む

法令順守の徹底について指導し、



専門工事業者とともに

過重労働の発生の防止に

努めてまいります」と

コメントしています。




新国立競技場の整備計画とは


「新国立競技場」は

3年後の

東京オリンピック・パラリンピックの

メインスタジアムとして


東京・新宿区で

建設が進められています。



JSC

=日本スポーツ振興センター

によりますと、


地上5階、地下2階、

座席数は6万席になる計画で、



工事の進捗(しんちょく)状況を示す

出来高率は現在11%、


地下工事をほぼ終えて

現在はスタンドの建設が

始まっています。



「新国立競技場」は、

おととし7月に決まった

当初の整備計画では、


この年の10月に着工し、

再来年5月の完成予定

となっていました。



しかし、

総工費2520億円という

高額な建設費に


批判が相次いだことから

直後に計画は白紙撤回され、



5か月後のおととし12月、

総工費を1489億円に抑えた

在の計画に見直されました。




見直された計画では、

着工は当初に比べ

1年2か月遅れの去年12月で、


工期は当初の計画より

8か月短い36か月、

そして完成予定は


半年遅れの再来年の

11月となっています。




自殺した男性が送ったメールと遺書


男性がみずから命を絶つ
1週間ほど前の

ことし2月24日の午前1時すぎ、
母親に送った携帯電話のメールには


「電車で行きます
4時15分に起きます」と
書き込まれていました。



遺族の弁護士によりますと、
男性は亡くなる1か月前には

睡眠時間が1日に2、3時間程度で
過労を理由に

車での通勤をやめて
ほとんど電車で通っていた
ということです。



男性の当時の状況について
遺族は
「息子は帰宅するのは深夜で
朝起きるのがとてもつらそうでした」
と話していたということです。



また、男性のメモ帳には
遺書も残されていて、


「突然このような形をとってしまい
もうしわけございません。

身も心も限界な私は

このような結果しか
思い浮かびませんでした。


私をどうかお許しください」


などと記されていたということです。



※進展


新国立競技場建設

男性の自殺 労災認定

1010 1805

(NHK NEWSWEBより)



東京オリンピック・パラリンピックの

メインスタジアムとなる

新国立競技場の建設現場で働いていた

男性が自殺した問題で、


労働基準監督署は

月190時間に上る極度の残業による

過労が原因だったとして、

労災と認定しました。



労災が認められたのは

新国立競技場の地盤改良工事の

下請けに入っていた、


東京・台東区の建設会社

「三信建設工業」に

去年4月に入社し、



ことし3月に自殺した

23歳の男性です。




会見した遺族の代理人の

弁護士によりますと、


男性は建築資材の品質管理などに

当たっていましたが、

労働基準監督署が

建設現場の入退場の時刻などを

調査したところ、



男性は自殺直前の1か月間の

時間外の労働時間が

190時間に上った結果、


精神疾患を発症していた

と見られるということです。



労働基準監督署は

極度の残業による

過労が原因だとして、

今月6日、労災と認定しました。



男性の両親は

「忍耐強い息子を

助けてやれなかったことが、


私達にとって痛恨の極みです。


息子の笑顔を

二度と見ることができない悲しみは

生涯癒えることはありません。



この様な不幸を

二度と繰り返さないよう、

深い反省のもと、


社員の労働環境の改善に

力を尽くしていただきたい

と思います」と話しています。




三信建設工業は

「改めて事実を重く受け止め、

ご遺族に対して

心よりおわび申し上げます。


二度と繰り返さないよう、

深い反省のもと、

労働環境の改善に

力を尽くして参ります」


とコメントしています。





両親のコメント 全文

平成29年10月10日
        
息子の死の労災認定に思うところ

都内在住 父・母

この度は、

労働基準監督署におかれましては

短い期間に息子の過重労働を

調査して下さり、


労災認定していただいたことに

深く感謝致します。
  



今は息子の仕事ぶりを

認めていただいたと受け取り、

救われる思いですが、


忍耐強い息子を

助けてやれなかったことが、

私達にとって痛恨の極みです。


息子の笑顔を

二度と見ることができない悲しみは、

生涯癒えることはありません。



ただ会社側においては、社長をはじめ

社員の方が息子の死を悼み、


死因が過重労働にあった事を認め、

労災申請にあたっても

真摯に対応してもらった事は

私たちの大きな救いとなりました。




この様な不幸を二度と繰り返さないよう、

深い反省のもと

社員の労働環境の改善に

力を尽くしていただきたいと思います。
 
また、この工事に関与している

すべての皆様方には、



限られた工期の中で、

これから本格化する工事に

従事する方達の命と健康を守る為に、

尽力していただきたいと思います。
 



最後に、

東京オリンピック・パラリンピックが

無事に開催される事を切に願います。

以上



[PR]
by sinonome-an | 2017-11-01 18:00 | news (悲)

心と身体を観照する


by しののめ庵