運送会社社員 過労自殺

a0376003_10320721.jpg


運送会社社員 過労自殺で両親が会社を提訴 長野

104 1520

(NHK NEWSWEBより)




長野県内の運送会社の社員だった

男性が自殺したのは


長時間労働による過労や

上司からのパワハラが原因



だったとして、

両親が会社におよそ7800万円の

賠償を求める訴えを

長野地方裁判所に起こしました。




訴えを起こしたのは、
長野県松本市に本社がある
「信州名鉄運輸」の社員だった
当時28歳の男性の両親です。



会見した父親や弁護士によりますと、
男性は平成21年に入社し、
支店に異動したあと、

おととし2月に
自宅のアパートで自殺しました。



男性はトラックの
運行管理などを担当していましたが、

自殺するまでの10か月間の
時間外労働が月平均で
およそ100時間から175時間
にのぼり、


労働基準監督署に
労災認定されたほか、



当時の上司から
日常的に罵声を浴びせられたり

頭を強くたたかれたりするなど、
パワハラを受けていた
ということです。



両親は長時間労働による過労や
パワハラが自殺の原因だった
として会社におよそ
7800万円の賠償を求めています。



会見で61歳の父親は
「息子の扱いが
違法だったと認めてもらうために
裁判を起こした。

裁判を通じて
息子のような悲劇を
防ぎたい」と話していました。


一方、信州名鉄運輸は
「訴状を確認してから
対応を協議したい」としています。

[PR]
by sinonome-an | 2017-11-08 18:00 | news (悲)

心と身体を観照する


by しののめ庵